※日経エンタテインメント!2018年9月号の記事を再構成

防虫剤を持ったオリジナルキャラクターのムッシュ熊雄と高橋愛が、クローゼットに向かって声を上げる。「出てきなさい!そこにいるんでしょう?」。するとタンスの引き出しから、ぞろぞろと虫が出てくる。「まだいるんでしょ!」というと、虫に混じって泥棒まで……。最後はタンスに戻ろうとする虫に「戻るな!」とツッコむ……。エステーの防虫剤「ムシューダ」の「そこにいる」篇だ。

エステー ムシューダ「そこにいる」篇
エステー ムシューダ「そこにいる」篇

 エステーは、西川貴教を起用した「消臭力」など、独自路線のCMで人気の企業。そのすべての広告をクリエイティブディレクターとして企画・統括してきたのが、同社執行役の鹿毛康司氏だ。

第6回
伊右衛門CM、挑戦的なキャスティングで長寿シリーズに新風
第8回
エステー鹿毛氏、ビジネスとクリエイティブの間の振り子目指した