※日経トレンディ 2018年7月号の記事を再構成

インスタグラムやLINEなど、SNSでライブ動画が定番化した2017年。その波がネット通販に広がり、今年になって爆発した。ライブ配信を通じて商品を売る、「ライブコマース」だ。

 先駆けとなったのが、昨年6月にスタートした、Candeeの「Live Shop!」。インフルエンサーを中心とした配信者と直にやりとりできる距離の近さが女性の心を捉えた。1配信で1200アイテム、600万円を売り上げる場合があるほどの人気ぶりだ。メルカリが「メルカリチャンネル」を開始し、誰でもライブ販売ができるようになったのも普及の後押しに。さらに、テレビ朝日といった大手メディアなども参入。ライブ配信はECの標準機能になりつつある。

第10回
プロバスケのBリーグが絶好調 観客が度肝を抜かれる理由
第12回
寝室を変える「プロジェクターを封じ込めた照明」が大ブレイク