※日経トレンディ 2018年7月号の記事を再構成

 安くすぐ酔える酒「高アルコール酒」が、なぜいまブームなのだろうか。2018年の上半期ヒット商品・ブーム特集の分析記事をお届けしよう。

 アルコール度数が8〜9%と高い缶チューハイなどのRTD市場が絶好調だ。2008年、キリンビールが「氷結」を高アル化し、翌年は現サントリースピリッツが「-196℃ストロングゼロ」で追随。ここ5年で市場は2倍以上に急伸している。SNSでは、安くすぐ酔えることを自虐的に表現する「ストロングゼロ文学」という遊びすら誕生した。

「高アル酒」なぜ売れた? 従来チューハイとは違う役割担う(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

【ヒットのKEYWORD】一瞬で気分上げ