デジタル・家電分野では爆発的なヒットこそ生まれなかったが、そのなかで存在感を示したのが「Apple Watch」。マニア向けのイメージが強いスマートウォッチでファッション性を前面に打ち出し、国内でも幅広い層へと支持を広げた。