どれだけ完成度の高い商品であっても、消費者にとって目に見えるメリットがなければ、ヒットする可能性は低い。この上半期は、「そんなところでラクができるのか」という驚きのある、新しいタイプの「手間いらず」を訴求した商品がヒットを連発した。