VRなどの最新技術を活用し、従来にはない“超体感”をバーチャルで得られるエンタメ施設が急増したのが16年。この上半期に注目を集めたのは、リアルの超体感だ。