あれほど話題になったのに、いつの間にか消えていた――。最近はそんな短命ヒット商品が少なくない。なぜ、商品の“旬”はこうも短くなってしまったのか。そんな問題意識から、ヒット商品を追い続ける本誌と、「日経ビジネス」がタッグを組み、世の中を沸かせる商品を生み出してきた経営トップ7人を直撃。ヒットを持続させるための次の一手を聞いた。