連載の第300回である。この節目に携帯電話を取り上げたい。というのも、連載の第1回が携帯電話だったのだ。