利用者同士で“捜し合う”IoTタグが普及。固定アンテナの設置が進み、精度が高まる