粉末、液体に続く「第3の洗濯用洗剤」として14年に登場した、P&Gジャパンのジェルボール型洗剤。1粒を洗濯槽に入れるだけで面倒な計量いらずという利便性が受け、今では実に「国内市場で約10%のシェアを握る存在」(P&Gジャパン)になっている。