複数の食材を組み合わせ、さらに無数にある調味料を選んで味付けをする。料理の領域は創造性が必要で、人間の独壇場のように思えるが、ここにもAI化の波が押し寄せている。