15年から炊飯器事業に参入しているアイリスオーヤマ。昨年は、パナソニックや三菱電機が5万円以上の上位機種にのみ搭載している「銘柄炊き分け」の機能を、3万円以下の炊飯器に搭載して話題になった。アイリスオーヤマは13年から精米事業も手がけており、そこで米の吸水性などのデータを蓄積。低価格の銘柄炊き分け炊飯器の開発につなげている。

【家計編】家計簿に挫折しても実践できる! 貯金が増える年2回の「決算書」
<なるほどゼミ> 「おいしい」と「コスト削減」を両立。完全会員制がもたらす意外な効果