EC(電子商取引)サイト事業者による、「ポップアップストア」(期間限定店舗)を活用したマーケティングが国内でも普及の兆しを見せている。主な狙いは、商品を確かめられないからと購買を躊躇するような消費者に、商品に触れる機会と場所を提供するためだ。