企業のマーケティングで急速にニーズが高まっているDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)。だが、スマートフォンの普及で大きな弱点が生まれていた。データの分散化である。DMP、DSP(デマンド・サイド・プラットフォーム)、SSP(サプライ・サイド・プラットフォーム)は導入企業のサイトを訪れた人のブラウザーにCookie(クッキー)を付与し、サイト利用動向などを分析する。ところが、端末が異なれば別のクッキーが付与される。そのため、一人の利用者がパソコンとスマートフォンを使い分けている場合、データ上は異なる利用者と判断せざるを得なかった。スマートフォンの普及が進み、ネット利用が活発になるほどこの問題は大きくなる。そこで広告事業者はこの弱点克服に向けて、既に手を打ち始めている。