現代の“ゴールドラッシュ”とも言うべき現象が巻き起こっている。企業内に散逸していた金の“鉱石”であるデータを掘り起こそうという動きだ。膨大なデータを集めて、解析すれば、マーケティング戦略の立案、商品開発・改善、広告配信の効率化などに生かせるのでは…。そんな可能性を感じて、先進企業がデータの発掘に大挙乗り出してきた。ただ、鉱石だけにそのままでは金にはならない。この鉱石を精錬し、保管するのがDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)だ。サプライヤー側もゴールドラッシュの恩恵をこうむろうと、DMP市場への参入が相次ぐ。