「購入までのプロセスをシナリオ化しやすいBtoB(企業間)系製品こそデジタルマーケティングに向く」。キヤノン製品の国内マーケティングを担うキヤノンマーケティングジャパン(MJ)でWeb活用を推進するコミュニケーション本部ウェブマネジメントセンター所長の増井達巳氏はこう断言する。商談のきっかけ作りから営業がクロージングに持っていくまでの間を、デジタルは効率的にサポートできる。特に顧客のニーズがキーワードに表れる検索からの誘導は重要だと言う。