アマゾン ジャパンは自社EC(電子商取引)サイト「Amazon.co.jp」上で、自社で制作した動画を活用した玩具の販促策を始めた。従来もメーカーなどから提供される動画を商品ページに掲載していたが、メーカー制作の動画は宣伝を目的として制作されたものが多い。よりシンプルに機能や利用方法を伝える動画が必要と判断。自社での動画制作に取り組み始めた。