難しいと言われ続けたメーカー直販で、大きな成果を上げる企業がようやく出てきた。先進企業の取り組みを追うと、ECを成功へと導く3つのルールが見えてきた。アドテクノロジーを駆使して、自社ECサイト「DRINX」の売り上げに結びつけているのがキリンだ。同社は、アスクルとヤフーが共同運営するECサイト「LOHACO」で販売している自社商品の購買データやサイトの利用データを活用して、外部サイトで広告を配信し、自社ECの集客に結びつけるといった取り組みを始めている。