「D3 Week 2016」27日15時からのトラックDでは、2コマ(90分間)を使って、「広告主はマーケティングツールの開発や広告運用部隊を自社で持つべきか」をテーマとしたパネルディスカッションが行われた。パネラーを務めたのは一休 代表取締役社長の榊 淳氏、ローソン デジタルプラットフォーム部マネジャーの白井明子氏、全日空商事執行役員であり、今年3月1日に全日空商事とOffice Kuroko & Co.との合弁会社として設立されたANA-Kuroko Strategic Solutions(A-Kross)代表取締役CEOの辛川敬氏。A-Krossはデジタルマーケティング領域における運用型広告などのオペレーション業務および広告販売業務を提供する会社である。そして東急ハンズ執行役員の長谷川秀樹氏がモデレータを務めた。