PR支援のビルコム(東京都港区)によれば、バズるニュースには「新製品」「トレンド」「意外な理由」「意外な数」「意外な人」の5要素のいずれか、または複数が要素として含まれているという。ビルコムは、2014年7月1日から2015年6月30日の1年間、Webニュース97媒体を対象に、カップ麺、缶コーヒー、シャンプー、クラフトビールの4商品について言及しているニュース記事1万9585本を抽出した。4商品を選んだ理由について同社の太田滋社長は、「競合との機能差が少なく、ブランドスイッチが起こりやすいコモディティー市場で、クチコミに左右されやすい商材」であることを挙げる。