矢口真里さんの出演で話題になった日清カップヌードルのCM。批判で中止になったくらいだから、Twitter投稿内容が肯定的(ポジティブ)か否定的(ネガティブ)かを示すポジネガ判定はネガティブ一色だったに違いない──。そう思われるかも知れないが、実際は大きく異なった。CM放映前3日間のポジvsネガは、「良い」が16.0%に対し「悪い」が6.1%。それが放映開始日から5日間は、良い26.0%、悪い5.9%と、ポジ率が10ポイントも向上した。ネットの総意はCMを好意的に評価していたのだ。