その日の気温や湿度によって36通りの広告クリエイティブを出し分ける。そんな施策に取り組んだのが空調機器メーカーのダイキン工業だ。「広告もパーソナライズ化が進む中、データと連携してタイミングや接触態度に合わせた広告クリエイティブを配信することに大きな可能性を感じていた」。ダイキン総務部の片山義丈広告宣伝グループ長は今回の取り組みの背景をこう説明する。