キリンはここ1年ほど運用してきたプライベートDMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)の活用を本格化する。キリン商品を購入してくれる消費者の行動やキャンペーン施策の結果データなどを集約・分析し、商品の購入頻度・金額を高めてLTV(顧客生涯価値)向上につなげるチャネルミックス型施策を展開していく方針だ。