奥谷孝司・オイシックスCOCO(最高オムニチャネル責任者)の連載第2回は、オムニチャネル時代に入り競争が激化している物流・配送サービスのあり方について考えていく。注文から1時間以内に配送するサービスも登場しているが、それがエンゲージメントにつながるかどうかが焦点だ。オムニチャネル時代の消費者は、いつでもどこでもモバイル端末を活用して商品を注文する。その商品が物流センターから届こうが、近隣の店舗から届こうがあまり気にしていない。では、こうした一連の消費者行動に欠かせないものは何か。それは「物流」である。近年、この物流をめぐる競争は激しさを増している。