ケーススタディ総覧に掲載した日経デザインの記事一覧
  • 2017.11.24
日本のお家芸、コンパクトモビリティの進化
 2017年10月27日から11月5日まで、第45回東京モーターショーが東京ビッグサイト(東京・江東区)で開催された。出展社数は153社、入場者数は77万人あまりという数字は、商用車ショーを除けば、リーマンショック後の2009年(第41回)に次いで低い。海外メーカーの参加も少なく、フォード、GM、フィアット・クライスラーはもとより、ジャガー・ランドローバーやロールス・ロイス、フェラーリ、ランボルギーニなどの高級車や高級スポーツカーメーカーも参加しなかった。もはや国際的に主要なモーターショーではなく、日本のローカルなモーターショーになってしまった感は否めない。国際的に日本市場がいかに魅力を失っているのかを感じさせるが、売れるのは軽自動車ばかりという市場では、海外メーカーが出展メリットを見出しにくいことも事実だろう。
  • 第12回
  • 2017.11.24
日本百貨店おかちまち/銀座・伊東屋
 日本百貨店は「“ニッポンのモノヅクリ”と“スグレモノ”」をテーマに、ものづくりにこだわる職人達の商品をそろえたショップ。2010年12月に東京・台東区の御徒町にオープンした1号店の日本百貨店おかちまちに加え、東京駅構内や横浜赤レンガ倉庫など、東京都と神奈川県に7店舗ある。
  • 2017.11.24
「モッチッチ」のネーミングを女性が好感
 エースコックが2017年6月に発売したカップ焼きそば「焼そばモッチッチ」が売れている。出荷状況は発売初月で350万食、4カ月で1000万食を突破した(ソース・塩の合計、2017年10月同社調べ)。
  • 第8回
  • 2017.11.24
記者とライターが挑戦、紙質を重視した3冊の書き心地を試す
 PART2では、ユーザーの立場から人気商品の使い勝手を検証してみた。最初に取り上げたのは、書き心地にこだわった高級ノートだ。特別な紙を採用することで、一般的なノートと異なる感触を得られるようにしている。
  • 第6回
  • 2017.11.24
TSUTAYAが6400万人の購買データで開発した、文具・雑貨の出来栄え
 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下のTSUTAYA(ツタヤ)は2017年11月1日、プライベートブランドの文具と雑貨の販売を開始した。30代から40代の働く女性をメーンターゲットにした文具ブランド「HEDERA(ヘデラ)」と雑貨ブランド「Lelierre(ルリエル)」を立ち上げ、商品はすべてオリジナルデザインで展開。第1弾として約100品目をそろえた。TSUTAYA 文具雑貨 商品企画ユニットの梅澤豊徳・ユニットリーダーは「品ぞろえを豊富にすることはTSUTAYAの方針の1つ。今後もアイテムは追加していく。早期に200品目を目指す」と話す。TSUTAYA店舗や蔦谷書店など、全国約180店舗で順次展開し、2017年度内には200店舗、2019年3月には500店舗まで広げていく計画だ。
  • 2017.11.24
Brand Mapで見る! 《60〜64歳 × キャラクター》
キャラクターはブームが去ったら人気が落ちる?そんなことはない。人気を持続しているキャラはたくさん存在している。
  • 2017.11.24
“日本で人気”が“世界の定番”へ、マスキングテープ「mt」
 「washi tape(和紙テープ)」の愛称で、海外でも広く親しまれる日本発祥の文具がある。カモ井加工紙が手がけるカラフルなマスキングテープ「mt」シリーズだ。2008年に無地の20種からスタートし、現在は600種〜700種がある。女性を中心に幅広い年齢層から支持を受け、人気は国内に留まらない。
  • 第3回
  • 2017.11.24
女性の心をつかむ、かわいさの“さじ加減”
 アテックスが開発した「ルルド ホットネックマッサージピロー」は、尻尾が付いた、ぬいぐるみのように見えるマッサージ機。首に当てて使う商品で、2017年10月1日に発売されたばかりの秋冬限定向けだが、早くもメディアで話題を集めているという。
  • 第4回
  • 2017.11.24
スマホアプリと連動し、発売後の4年間で累計65万本を売り上げ
 2013年10月の発売以来、2017年10月までに累計で約65万本を売り上げた文具がある。ぺんてるが開発した「AnkiSnap(アンキスナップ)」だ。
  • 第5回
  • 2017.11.24
オープンキッチンに映える「見せる収納」で人気
 英国生まれのブランド「ジョセフジョセフ」のキッチンウエアは、カラフルで楽しげな色使いと、使い勝手を両立させるため、徹底して形状を研究している点が特徴だ。不便さや悩みを解消しながらも、商品が備える機能を特有のデザインで表現しており、日本でも注目を集めている。開発コンセプトは各商品とも共通で、オープンキッチンの見える場所に置きたくなるキッチンウエア。いわば「見せる収納」だ。

関連特集・連載

日経デザイン(ケーススタディ総覧)