AGC旭硝子は2017年12月8日、米キネストラル・テクノロジーズ(以下キネストラル)と共同開発した調光ガラス「Halio(ヘイリオ)」のグローバル販売を拡大するため、米国や中国、ベルギーに両社の合弁会社を2018年1月に設立すると発表した。欧米アジアの各市場向け販売代理店としてヘイリオのマーケティングや営業を担う。中国の合弁会社にはヘイリオの製造を担当する台湾フォックスコン・テクノロジー・グループの正達国際光電(G-Tech Optoelectronics)も出資している。