ウェブ上で複数が協働しながらプロトタイピングやデザインを考えるときに使うデザイナー向けITツール「InVision」が急成長している。開発した米インビジョンの創設は2011年とまだ新しいが、既に200万人以上のユーザーを抱え、米フェイスブックやアップル、ネットフリックス、ウーバーなどでも使われているという。最近になって新たに5500万ドルを資金調達するなど、投資家からも注目されている。