富士通がデザイン・シンキングなどの手法を取り入れた情報システム開発の新しいサービス体系を発表。顧客とともに問題を発見したり解決策を考えたりする「共創サービス」として2016年5月12日から順次、提供を始めた。