総務省の主導で2017年7月、IoT(モノのインターネット)技術やデザイン思考の手法を活用しながら新しい発想で情報システムを開発・導入し、IT企業などに所属する女性社員の手も借りて地域の活性化を推進しようとするプロジェクトが発足した。それが「IoTデザインガール」だ。一般財団法人・全国地域情報化推進協会(APPLIC)が事務局になり、地域への事業展開を狙うIT企業など34社と、情報化に熱心な6つの自治体が同プロジェクトに参加している(2017年8月末時点)。9月13日には東京・赤坂で第1回目の「IoTデザインガール ワークショップ」を開催しており、IT企業などから約30人の女性社員がIoTデザインガールとして集まった。今後も定期的にワークショップを実施し、デザイン思考の研修を受けたり情報システムの事例を学んだりすることで、さらに意識を高めていく。