好きな映画というのは、その人の人生の中で新作も数十年前の作品も同じ土俵にある。