「自分では、どの領域のデザインが得意とは言ってません」と話すのは、日本デザインセンターの三澤デザイン研究室を主宰する三澤遥氏だ。武蔵野美術大学のインテリアデザインコースで学び、デザイン会社を転々とし、nendoに3年間在籍。2009年に日本デザインセンターに入社した。家具、建築、プロダクトと、さまざまなデザイン領域を渡り歩いてきた。