明治のうがい薬のブランド「イソジン」が、ライセンス契約終了によってその名を使用できず。50年以上の歴史があるブランドを失った。うがい薬のビジネスを続けるため、イソジンで30年以上にわたって親しまれてきたキャラクター「カバくん」を強調し、新しい「明治うがい薬」をアピールした。