データからいかに価値を生み出して収益に結びつけるか。これは日経ビッグデータ創刊記念イベント「BigData Conference 2014 Spring」のテーマの1つだ。この課題に対するヒントを、テクノロジーによって利用者に最適な情報の提供を目指すベンチャー企業の若き経営者の2人の対談と、人気作品を“オープンデータ化”して大きな波及効果、経済効果を生み出した漫画家の佐藤秀峰氏の講演から探る。