ベテラン運転手の経験や勘がなくても、確実に空車を待つ客をキャッチできるようなシステムの開発に向けて、日本交通は複数のICT(情報通信技術)ベンダーと実証実験を開始した。ビッグデータ活用で得られた需要予測を基に乗車率を3割増やすことを目指す。