既存のデータを転用して新たな収益を生み出したのが、テレビ番組・CM調査のエム・データ(東京都港区)だ。一方、調剤薬局大手の日本調剤は傘下にある約490店舗の薬局で年間1000万枚以上もの処方箋を分析し、月額3000万円を売り上げるビジネスまで育てている。