サッカーチームの日立柏レイソルは、選手の動きをセンサーで取得して、規則正しい生活の指導に生かす取り組みを行っている。人間の動きや体温を24時間365日取得できる「ライフ顕微鏡」と呼ぶ日立製作所の仕組みを利用し、「柏レイソルU18」のAチームの選手14人を対象に2012年7~9月に実験を行った。