西日本鉄道グループの西鉄情報システム、名古屋鉄道グループのメイテツコム、IICなどは、電車やバス、商業施設における顧客の行動情報や交通情報を集約し、ビッグデータ分析に活用する取り組みを始めた。2012年後半から取り組みを本格化させている。