東急建設は現場で使う車両をIoT(Internet of Things)化し各種の稼働データを取得し、作業効率の向上や環境対策に取り組んでいる。2015年春から約25台の規模で試験を行っており、今後本格採用を検討する。