牛の育成を支援するIoTサービスに、スタートアップだけでなく大手企業が続々と参入し、ここ1年間で導入が加速している。ソニーエンジニアリング(神奈川県藤沢市)が来年1月に新たなサービスを投入し、キヤノンマーケティングジャパン(MJ)はネットワークカメラを利用した監視サービスを開発中だ。