国を挙げて企業間データ共有の取り組みが始まるが、成功への近道はシンプルだ。一つ軸を定めて可視化することから、その価値も見えてくる。ソフトバンクは月間220億件もの位置データを世界から集め、可視化する仕組みを作り上げた。