トヨタ自動車グループのシステム開発会社であるトヨタIT開発センター(ITC)は、クルマの走行ビッグデータを分析し、危険な運転や事故の起きやすい場所を見いだすシステム「SafetyMeister」を開発した。