九州を地盤とするディスカウントストアなどを運営するトライアルカンパニー(福岡県福岡市)は2月14日、人工知能(AI)やマーケティング用のカメラをフルに活用した次世代型の店舗を同市内にオープンした。最終的に約700台のカメラを利用して、顧客の消費行動を把握し、棚や商品陳列、メーカーなど取引先との商品開発などに生かしていく考えだ。