ブランド価値向上 食品
  • たねやに学ぶ、企業はどんな「時間軸」でブランドを構築すべきか
    C2C時代のブランディングデザイン
    2019.06.14
    たねやに学ぶ、企業はどんな「時間軸」でブランドを構築すべきか
    細谷正人氏が先進企業のブランディングデザインに斬り込む連載「C2C時代のブランディングデザイン」。和菓子や洋菓子を製造・販売するたねやグループ(滋賀県近江八幡市)を…続き
  • “地球を救うビール”発売 パタゴニアが食品に力を注ぐ理由
    インサイド
    2019.06.11
    “地球を救うビール”発売 パタゴニアが食品に力を注ぐ理由
    アウトドアブランドのパタゴニアが、オリジナルのクラフトビールを発売した。原料は「カーンザ」。土壌を回復させる効果を持つ多年生穀物で、世界で初めて商品化にこぎ着けた。…続き
  • 脱ダンス成功! 「ポッキー」を会話のツールに変えた宮沢りえ
    売れる!CMキャラクター探偵団
    2019.06.07
    脱ダンス成功! 「ポッキー」を会話のツールに変えた宮沢りえ
    思春期の娘を持つ母親を宮沢りえが演じ、江崎グリコ「ポッキー」をきっかけに環境の変化に戸惑う娘と本音を語る。ポッキーダンスなどポップな演出が続いたが、新CMでは一転、…続き
  • 綾瀬はるかの“奇妙な踊り”に企業メッセージを乗せた江崎グリコ
    売れる!CMキャラクター探偵団
    2019.05.10
    綾瀬はるかの“奇妙な踊り”に企業メッセージを乗せた江崎グリコ
    真っ赤な衣装と口紅で「グリコ色」にキメた眼鏡姿の綾瀬はるかが、オフィスや工場で踊りながら呪文のような「スキパニ」を連呼する奇妙なCMに、視聴者はざわついた。1台のオ…続き
  • 若者に受けたスコーンのそしゃく音 湖池屋が使った「ASMR」とは
    Hot Topics
    2019.03.08
    若者に受けたスコーンのそしゃく音 湖池屋が使った「ASMR」とは
    湖池屋のロングセラーブランド「スコーン」は、2019 年2月にパッケージ、 フレーバーなどを一新するフルリニューアルを実施した。それに合わせて、同社はあの“伝説のC…続き
  • 明治、人気CMシリーズを続ける中で「守るもの」と「変えるもの」
    CMフォーカス
    2019.01.31
    明治、人気CMシリーズを続ける中で「守るもの」と「変えるもの」
    冬の風物詩として長寿化している明治「メルティーキッス」のCM。過去2回の記事では新垣結衣出演シリーズの誕生秘話やクリエイティブディレクター・朝生謙二氏に聞いた成功要…続き
  • 明治、冬期限定CMの出稿量が減っても好感度上位をキープする秘訣
    CMフォーカス
    2019.01.30
    明治、冬期限定CMの出稿量が減っても好感度上位をキープする秘訣
    冬の風物詩となっている明治「メルティーキッス」のCMが、この冬もCM好感度業類1位に輝いた(CM総合研究所調べ、11月度「菓子業類」)。前回は8年目に入った新垣結衣…続き
  • 明治、新垣結衣の冬期限定チョコCMが2年連続好感度トップ3入り
    CMフォーカス
    2019.01.29
    明治、新垣結衣の冬期限定チョコCMが2年連続好感度トップ3入り
    新垣結衣が雪原に置かれたピアノを弾きながら、「♪冬のキッスは、雪のような口どけ~」と口ずさむと譜面の音符がチョコレートになって降り注ぎ、新垣が「しあわせだなぁ~」と…続き
  • 累計3000万食突破、非常食なのに“おいしそう”!?
    デザインの限界
    2018.10.10
    累計3000万食突破、非常食なのに“おいしそう”!?
    「変なホテル」のブランディングを担当するGRAPHの北川一成氏と共に、広告やパッケージにとどまらない総合的なデザイン戦略の重要性を、実例を基に考える連載企画。今回は…続き
  • 一般人が配送 ネスレが「Uber型宅配サービス」を始めるワケ
    Hot Topics
    2018.09.28
    一般人が配送 ネスレが「Uber型宅配サービス」を始めるワケ
    ネスレ日本と佐川急便が、一般の個人などが商品の配送を担う新サービス「MACHI ECO便」を発表。ライドシェアの米Uberの宅配版ともいえるサービスを、なぜネスレが…続き
  • サントリー、なぜ缶コーヒー強化? 新工場を立ち上げた舞台裏
    Hot Topics
    2018.08.31
    サントリー、なぜ缶コーヒー強化? 新工場を立ち上げた舞台裏
    サントリー食品インターナショナルは2018年7月、自社商品専用のコーヒー豆焙煎工場「サントリーコーヒーロースタリー 海老名工場」の稼働をスタートした。
  • カルビーフルグラ、同じ商品でも訴求ポイントの変更で新市場開拓
    ビジネスのアイデア発想法(2)
    2018.08.21
    カルビーフルグラ、同じ商品でも訴求ポイントの変更で新市場開拓
    さまざまな穀物やドライフルーツをミックスしたカルビーの「フルグラ」シリーズは、食物繊維や鉄分などを豊富に含む、栄養価に優れた朝食シリアル。そのフルグラシリーズから、…続き
  • ハウス食品「シャリーチェ」、ロングセラーブランドに新しい響き
    失敗しないネーミング
    2018.07.31
    ハウス食品「シャリーチェ」、ロングセラーブランドに新しい響き
    ハウス食品は「フルーチェ」の姉妹ブランド「シャリーチェ」を2018年5月14日に発売した。フルーチェは牛乳と混ぜるだけで作ることができるデザートベースで、1976年…続き
  • 「お嬢サバ」「オイスターぼんぼん」 海産物を人間に例えて人気
    失敗しないネーミング
    2018.07.30
    「お嬢サバ」「オイスターぼんぼん」 海産物を人間に例えて人気
    2018年3月8日、JR西日本は自社で養殖したマサバを飲食店向けに出荷した。このサバのブランド名は「お嬢サバ」。完全養殖の稚魚を、地下から採取する「地下海水」を活用…続き
  • 食パン店「考えた人すごいわ」 あえて分かりにくい名前で成功
    失敗しないネーミング
    2018.07.30
    食パン店「考えた人すごいわ」 あえて分かりにくい名前で成功
    ネーミングやパッケージの肝は商品の特徴をいかにアピールするかにある。食品関連なら、おいしそうな名前と共にシズル感のある画像を表示する場合がほとんどだ。しかし最近は、…続き
  • キッコーマン ライブキッチン東京「未来消費カレンダー」新着情報
    Hot Topics
    2018.07.23
    キッコーマン ライブキッチン東京「未来消費カレンダー」新着情報
    日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。原則、新着情報を毎週金曜日に更新して…続き
  • 日清食品に見る、マーケティングのセンスを“デザイン”する方法
    C2C時代のブランディングデザイン
    2018.06.18
    日清食品に見る、マーケティングのセンスを“デザイン”する方法
    多くのプロジェクトを手掛けてきたブランディングプランナーの細谷正人氏(バニスター代表取締役)が新たな視点でブランディングデザインに切り込み、先進企業に取材する連載「…続き
  • ココナツオイルの仕掛け人が明かす ブランドづくりに大切なこと
    Hot Topics
    2018.06.08
    ココナツオイルの仕掛け人が明かす ブランドづくりに大切なこと
    ココナツオイルブームを牽引した食品メーカーのブラウンシュガーファースト。現在は、ココナツオイルに加え、アップルソースやコーヒー、飲料、菓子などさまざまなオーガニック…続き
  • カップ麺好き男性をターゲットに “罪悪感”という新需要を発見
    新市場を創造! 「マーケター・オブ・ザ・イヤー2018」
    2018.06.06
    カップ麺好き男性をターゲットに “罪悪感”という新需要を発見
    罪悪感ないス!――。「カップヌードル ナイス」ヒットの要因は、健康系食品はこうあるべしというイメージを打ち壊し、“罪悪感”という本音にフォーカスしたことに尽きるだろ…続き
  • 革新的な9商品&サービスを手掛けた12人を選出!
    新市場を創造! 「マーケター・オブ・ザ・イヤー2018」
    2018.06.04
    革新的な9商品&サービスを手掛けた12人を選出!
    イノベーションを起こし、ヒット商品を生み出すのは企業ではない。人である――。新市場を創造した人やエポックメーキングなビジネスモデルを構築した人をたたえることを目的に…続き
  • マーケティングはサイエンスではなく、アートだ
    C2C時代のブランディングデザイン
    2018.05.28
    マーケティングはサイエンスではなく、アートだ
    多くのプロジェクトを手掛けてきたブランディング・プランナーの細谷正人氏(バニスター代表取締役)が新たな視点でブランディングデザインに切り込み、先進企業に取材する連載…続き
  • 5問連続正解でセブン-イレブンへ、Z会監修スマホドリルに10万人が参加
    2018.05.11
    5問連続正解でセブン-イレブンへ、Z会監修スマホドリルに10万人が参加
    「七夕の彦星と織姫星は夏の大三角を形成している。夏の大三角を形成していない星を、次の中から選べ。A.アンタレス B.アルタイル C.ベガ D.デネブ」──。通信教育…続き
  • “ささやき声効果”で再生回数180万回を突破した江崎グリコ
    ネット動画市場調査
    2018.05.01
    “ささやき声効果”で再生回数180万回を突破した江崎グリコ
    イメージキャラクターの神木隆之介が、高級レストランのウエーターにふんして甘い声で語りかける。人気俳優が直接ユーザーにコンタクトし、しかもバイノーラル録音の効果で耳元…続き
  • 生の和菓子作りを目の前で見られる:鶴屋吉信・東京店
    場のデザインの新潮流(1)
    2018.04.16
    生の和菓子作りを目の前で見られる:鶴屋吉信・東京店
    東京・日本橋の商業施設「日本橋 コレド室町3」内にある和菓子店、鶴屋吉信・東京店に一歩入ると、売り場の一角にカウンターと椅子が設置されているのが目に入る。
  • 日本の原風景を伝える横浜名物、崎陽軒の「シウマイ弁当」
    つづくをつくる
    2018.04.13
    日本の原風景を伝える横浜名物、崎陽軒の「シウマイ弁当」
    ナガオカケンメイ+D&DEPARTMENT PROJECTによる、ロングライフデザインを研究する連載コラム。今回は崎陽軒の「シウマイ弁当」。横浜の名物として不動の地…続き
  • データで裏付け、感覚に頼らない「売れる商品パッケージ」を提案
    インサイド
    2018.04.11
    データで裏付け、感覚に頼らない「売れる商品パッケージ」を提案
    購買ビッグデータを扱うTrue Data(東京・港)と、マーケティング調査やクリエイティブデザインを手掛けるCREMU DESIGN(同)は2018年3月20日、デ…続き
  • あのロングセラーは現在?
    ロングセラーの正念場
    2018.03.13
    あのロングセラーは現在?
    日本が誇るロングセラーの中から、ブランド力を活用した新商品のリリースや、新たなキャンペーンに取り組んでいる事例をピックアップ。初代と現行品、近年のトピックも紹介。
  • ブランド価値「分け合って食べる楽しさ」への原点回帰
    ロングセラーの正念場
    2018.03.13
    ブランド価値「分け合って食べる楽しさ」への原点回帰
    最初の「ポッキーチョコレート」が発売されたのは1966年。当時の日本のチョコレート市場は板チョコ全盛時代だった。しかし、欧米ではすでに、スナック感覚で食べるライトな…続き
  • 21位 KOIKEYA PRIDE POTATO マーケティングを磨いた老舗の矜持
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.11.04
    21位 KOIKEYA PRIDE POTATO マーケティングを磨いた老舗の矜持
    マーケティングを磨いた老舗の矜持。「高級」「和」を掲げ30億円を達成
  • キーマンが語る「次代を創る視点」/Topics1 ヒット商品開発
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.11.04
    キーマンが語る「次代を創る視点」/Topics1 ヒット商品開発
    2050年を見据え、どんな切り口で消費は動き、テクノロジーはどう進化して生活をより良いものに変えていくのか。各界のキーマンが語る。
  • 新商品がないからリリースネタがない? レギュラー商品でも"ニュース"にできる
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2017.10.24
    新商品がないからリリースネタがない? レギュラー商品でも"ニュース"にできる
    どうしたら「メディア露出力」が高められるか。実際にメディア露出の高い企業を、「発信力」「Web掲載力」「拡散力」、そして「メディア関係力」の4つの要素で分析してみた…続き
  • 内村航平・田中佑典(体操ニッポン)×明治
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.10.04
    内村航平・田中佑典(体操ニッポン)×明治
    体操界で絶対王者に君臨し続ける内村航平。美しい体操を窮め続ける田中佑典。自らの哲学を持つ、タレントぞろいの体操ニッポンは、2020年の東京五輪でも優勝候補の最右翼だ…続き
  • 良品計画が売るのは「一見商品だが、思想であり、ライフスタイル」
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2017.09.11
    良品計画が売るのは「一見商品だが、思想であり、ライフスタイル」
    共感を軸に、顧客と良品計画との会話が生まれる。社員や店舗スタッフは無印のファンが多く、会社の外に出れば顧客と同じ1人の生活者だ。「生活者と生活者との間に会話を構築す…続き
  • パッケージデザイン消費者調査 落ち着いた色と安定感を高く評価
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.08.24
    パッケージデザイン消費者調査 落ち着いた色と安定感を高く評価
     パッケージデザイン開発とリサーチを行うデザインコンサルティング会社のプラグは、2017年春に発売された563商品に関する好感度調査を実施した。
  • 赤城乳業に学ぶ、お金をかけずにブランド力を維持するには?
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.07.24
    赤城乳業に学ぶ、お金をかけずにブランド力を維持するには?
    「ガリガリ君」を販売する赤城乳業は、独自の商品開発やコラボ企画に必ずニュース性や話題性を持たせている。ユーザーが面白がってくれれば、ネットで拡散し、売り上げの向上に…続き
  • 日清シスコ、サントリーに学ぶ、長寿ブランドの若返り策とは?
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.07.24
    日清シスコ、サントリーに学ぶ、長寿ブランドの若返り策とは?
    日清シスコやサントリー食品インターナショナルは定番ブランドとしての認知度にあぐらをかかず、パッケージを情報発信の有力なメディアと捉え、利便性も重視してリニューアルし…続き
  • 菓子メーカーのBAKE、独自の店舗戦略で出店加速
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.06.24
    菓子メーカーのBAKE、独自の店舗戦略で出店加速
     菓子メーカーのBAKEがデザイン経営で快進撃を続けている。2017年4月にバターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND」(以下、PRESS)を東京駅地下…続き
  • 1位は無印良品、デジタルメディアの効果的な活用が売り上げに直結
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2017.06.21
    1位は無印良品、デジタルメディアの効果的な活用が売り上げに直結
    デジタルメディア上でのブランド接触体験がきっかけで、商品やサービスの購入に至るネットユーザーが最も多いブランドは無印良品──。本誌は今年4月、どの企業・ブランドがデ…続き
  • 地元ファンの声に気づかされたブランドの本質。「ナショナル」ではなく、「ローカル」を突き詰める
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.05.04
    地元ファンの声に気づかされたブランドの本質。「ナショナル」ではなく、「ローカル」を突き詰める
    横浜名物シウマイの伝統を89年にわたって守り続ける崎陽軒。3代目の野並直文氏は社長就任後、バブル崩壊による倒産の危機を経験。改革を断行して難を逃れた後も、数々の逆境…続き
  • メーカーの「本気」が消費を呼んだ
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2017.05.04
    メーカーの「本気」が消費を呼んだ
     昨年8月の公開から、一気に国民的なアニメ映画の座に躍り出た『君の名は。』(東宝)。このメガヒットによって、消費者がアニメに向ける目は様変わりした。従来なら、コアな…続き
  • コンタクトレンズ"ダッシュ"アプリでリピート客"奪取"するメガネスーパー
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2017.02.24
    コンタクトレンズ"ダッシュ"アプリでリピート客"奪取"するメガネスーパー
    コナカとストライプインターナショナルは、デジタルを活用して全く新しい事業を生み出すことで、オムニチャネルを推進している。とはいえ、すべての企業が新事業の開発に取り組…続き
  • 日本パッケージデザイン大賞、2017年は2作品が受賞
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.02.24
    日本パッケージデザイン大賞、2017年は2作品が受賞
     公益社団法人の日本パッケージデザイン協会は2017年1月17日、「日本パッケージデザイン大賞2017」に選ばれた金賞や銀賞、銅賞、審査員特別賞の各作品の授賞式を開…続き
  • カゴメが“本物”のキュレーションサイト開設、信頼性の高い野菜情報を発信する「VEGE DAY」
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2017.02.06
    カゴメが“本物”のキュレーションサイト開設、信頼性の高い野菜情報を発信する「VEGE DAY」
    全記事の非公開化に追い込まれたディー・エヌ・エー(DeNA)の健康情報サイト「WELQ」の騒動に端を発するキュレーションサイト問題の余波が続いている。2月3日にはグ…続き
  • コーポレート部門管轄のオウンドメディアも売り上げに貢献
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.11.24
    コーポレート部門管轄のオウンドメディアも売り上げに貢献
    コカ・コーラパークは終了するが、ゲームコンテンツなどを提供してポイントを付与し、ブランド接触頻度を増やすパーク型の取り組みが古くなったのかといえば、決してそういうわ…続き
  • 日清がECサイト刷新で売り上げ100倍、それでも顧客刈り取りに慎重なワケ
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.11.08
    日清がECサイト刷新で売り上げ100倍、それでも顧客刈り取りに慎重なワケ
    成果を上げるのが難しいと言われるメーカーEC(電子商取引)に日清食品が再挑戦している。2000年に開設した自社ECサイト「日清 e-めん Shop」を2016年9月…続き
  • 「クロレッツ」が人間vs人工知能でCM制作対決、既に万単位の投票、僅差の大接戦
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.07.15
    「クロレッツ」が人間vs人工知能でCM制作対決、既に万単位の投票、僅差の大接戦
    人間と人工知能(AI)、どちらが優れたクリエイティブをつくれるか。これをキャンペーン展開しているのが、「お口スッキリ」のコピーでおなじみ、モンデリーズ・ジャパンの「…続き
  • 「ガリガリ君に謝らせるわけにはいかない」、社員総出の値上げお詫びCMに25年前の反省
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.06.02
    「ガリガリ君に謝らせるわけにはいかない」、社員総出の値上げお詫びCMに25年前の反省
    「25年間踏んばりましたが、60→70」。赤城乳業(埼玉県深谷市)が4月1~2日に放映した60秒のテレビCMは、大いに話題を呼んだ。アイスキャンディー「ガリガリ君」…続き
  • 中止の日清カップヌードルCM、ネットの"総意"は「支持」が圧倒していた
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.05.23
    中止の日清カップヌードルCM、ネットの"総意"は「支持」が圧倒していた
    矢口真里さんの出演で話題になった日清カップヌードルのCM。批判で中止になったくらいだから、Twitter投稿内容が肯定的(ポジティブ)か否定的(ネガティブ)かを示す…続き
  • ソーシャルメディアの活用で認知向上に成功しているハーゲンダッツ ジャパン
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.05.12
    ソーシャルメディアの活用で認知向上に成功しているハーゲンダッツ ジャパン
    ハーゲンダッツ ジャパンは、2016年2月発表の「第5回 ソーシャル活用売上ランキング」において、消費行動ランキングで4位、推奨スコアランキングで5位に入った。消費…続き
  • プリマハムがテレビCMの予算をLINEにシフト、4月中にスタンプ第2弾
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.04.19
    プリマハムがテレビCMの予算をLINEにシフト、4月中にスタンプ第2弾
     「テレビCMだけでは、若年層には十分リーチできない。そう考えたことから、番組提供をやめ、その予算を『LINE』にシフトした」。こう明かすのは、プリマハム営業本部の…続き
  • 消費者間での推奨を効率的に発生させたハーゲンダッツの取り組み
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.02.26
    消費者間での推奨を効率的に発生させたハーゲンダッツの取り組み
    ソーシャルメディアにおける消費者間での商品の推奨を効率的に発生させて、消費に結びつけたのが、アイスクリームメーカーのハーゲンダッツ ジャパンだ。消費行動スコア68.…続き
  • ボンカレーが広告宣伝費6割減なのに売り上げ微増、コンテンツ「熟読率」を測定して動画に誘導強化
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.02.10
    ボンカレーが広告宣伝費6割減なのに売り上げ微増、コンテンツ「熟読率」を測定して動画に誘導強化
    レトルトカレーの代名詞「ボンカレー」のテレビCMと聞いて思い浮かぶのは、松山容子か、ボンカレーゴールドの王貞治か、あるいは松坂慶子か。世代によって答えは変わろうが、…続き
  • キャンペーンを移管し、データを基に活性化サイクル
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.11.25
    キャンペーンを移管し、データを基に活性化サイクル
    将来的なデータ解析を見据えて、9月にコミュニティサイト「Udon WAVE」を開設したのがテーブルマークだ。「以前のようなテレビCMを大量に投下して認知を取るような…続き
  • ブランド毀損を防ぎつつ集客。コミュニティを共創に活用も
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.11.24
    ブランド毀損を防ぎつつ集客。コミュニティを共創に活用も
    森永製菓は、コミュニティサイトで得たデータをマーケティングや営業に生かし始めている。一方、ソーシャルメディアのファンの中から、より精緻に自社のターゲット層を抽出し、…続き
  • 会員との関係性を深め、蓄積したデータの分析で事業貢献
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.11.20
    会員との関係性を深め、蓄積したデータの分析で事業貢献
    コミュニティサイトの会員は、小売りなどリアルの流通で自社商品を購入する金額が、非会員と比較して24%も高い──。森永製菓が運営するコミュニティサイト「エンゼルPLU…続き
  • ヒット商品を生んだ社長が直言 次の10年ヒットはこうつくる
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2015.11.04
    ヒット商品を生んだ社長が直言 次の10年ヒットはこうつくる
    あれほど話題になったのに、いつの間にか消えていた――。最近はそんな短命ヒット商品が少なくない。なぜ、商品の“旬”はこうも短くなってしまったのか。そんな問題意識から、…続き
  • メーカー直販が成功するための3つのルール
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.09.25
    メーカー直販が成功するための3つのルール
    難しいと言われ続けたメーカー直販で、大きな成果を上げる企業がようやく出てきた。先進企業の取り組みを追うと、ECを成功へと導く3つのルールが見えてきた。アドテクノロジ…続き
  • 特徴ある商品の投入と、テレビCM連動のネット広告がカギ
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.09.24
    特徴ある商品の投入と、テレビCM連動のネット広告がカギ
    難しいと言われ続けたメーカー直販で、大きな成果を上げる企業がようやく出てきた。先進企業の取り組みを追うと、ECを成功へと導く3つのルールが見えてきた。愛知県に本社を…続き
  • ロッテ、サッポロビールから見える、メーカー直販成功の新ルール
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.09.18
    ロッテ、サッポロビールから見える、メーカー直販成功の新ルール
    難しいと言われ続けたメーカー直販で、大きな成果を上げる企業がようやく出てきた。先進企業の取り組みを追うと、ECを成功へと導く3つのルールが見えてきた。「当社の自社E…続き
  • マルハニチロ、会員サイトで集めた顧客の声を基に商品改善
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.09.07
    マルハニチロ、会員サイトで集めた顧客の声を基に商品改善
    冷凍食品メーカーのマルハニチロが、9月1日に発売した冷凍パンケーキ「ハワイアンパンケーキ&マカダミアナッツソース」は、パンケーキ2枚にソースをトッピングした商品だ。…続き
  • 5つの新・クチコミの法則が明らかに
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.08.24
    5つの新・クチコミの法則が明らかに
    PR支援のビルコム(東京都港区)によれば、バズるニュースには「新製品」「トレンド」「意外な理由」「意外な数」「意外な人」の5要素のいずれか、または複数が要素として含…続き
  • チキンラーメンが「Instagram」で広告配信、広告認知で効果上げるが課題も残る
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.07.16
    チキンラーメンが「Instagram」で広告配信、広告認知で効果上げるが課題も残る
    写真・動画に特化したSNS「Instagram」の利用が国内でも広がりつつある。モデルやアパレル事業者などが先行して利用したことから女性の利用率が高く、新たな広告媒…続き
  • 自主回収の危機乗り切るFacebook活用、冷食のキンレイがデジタル強化へネット直販開始
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.05.12
    自主回収の危機乗り切るFacebook活用、冷食のキンレイがデジタル強化へネット直販開始
    冷凍食品メーカーのキンレイ(京都市伏見区)は、この春からネット直販を始めるなどデジタルマーケティングの強化に乗り出した。その背景には、商品の自主回収という会社の危機…続き
  • キリンビールのコミュニティ「カンパイ会議」、MROCなど4つの狙い
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.04.23
    キリンビールのコミュニティ「カンパイ会議」、MROCなど4つの狙い
    次に、ここ1~2年で共創に取り組み始めた企業として、キリンビールの事例を見ていこう。同社は2012年春にキリンビールとして公式FacebookページとTwitter…続き
  • ドラマ動画でブランディング、継続購入の拡大狙うネスレ日本
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.03.25
    ドラマ動画でブランディング、継続購入の拡大狙うネスレ日本
    ここまでは、購買やリードといった、獲得を指標としたコンテンツマーケティングの企業事例を紹介してきた。一方でブランディングを狙って、動画を活用したコンテンツマーケティ…続き
  • LINEクーポン配信やめて順位急落「ローリーズ」、「ハーゲンダッツ」はTwitterシフトで躍進
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.02.23
    LINEクーポン配信やめて順位急落「ローリーズ」、「ハーゲンダッツ」はTwitterシフトで躍進
    ポイントが展開するアパレルブランド「ローリーズファーム」は昨年の消費行動スコアで1位だった。ところが今年はスコアを22.3ポイント落として42位に転落してしまった。…続き
  • テレビCMの放送開始は発売から1年後、湖池屋が「頑固あげポテト」で採用した新戦略
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.02.19
    テレビCMの放送開始は発売から1年後、湖池屋が「頑固あげポテト」で採用した新戦略
    「ポリンキーポリンキー三角形の秘密はね」「ドンタコスったらドンタコス」――。こうした印象的なフレーズのテレビCMで一世を風靡したのが、菓子メーカーの湖池屋(東京都板…続き
  • 伊藤ハム、森永乳業が共創プロジェクト実施、活性化のカギは日常のFacebook運用スキルの巧拙
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2015.01.07
    伊藤ハム、森永乳業が共創プロジェクト実施、活性化のカギは日常のFacebook運用スキルの巧拙
    昨年暮れ、クリスマス・イブの前日。東京・三田の伊藤ハム東京事務所には祝日にもかかわらず同社のファン13人が集まり、会議室でウインナー新商品のキャッチコピーを巡って議…続き
  • 「ミドリムシって何?」を起点に広報強化、健食ファンを企業のファンにしたユーグレナ
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2013.11.15
    「ミドリムシって何?」を起点に広報強化、健食ファンを企業のファンにしたユーグレナ
    「コーポレートカラーが黄緑色の元気な会社」といえば、デジタルマーケティング業界ではLINEあたりが思い浮かぶだろうか。他業界にも注目の企業がある。ミドリムシを活用し…続き
  • 原点は約30年前の「友の会」、グリコ会員サイトが守る3つのこだわり
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2013.08.20
    原点は約30年前の「友の会」、グリコ会員サイトが守る3つのこだわり
    江崎グリコが開設している会員制Webサイト「グリコクラブ」は、「友の会」から発展してきた。1980年代に実施していた「グリコ アイスクリーム友の会」というのがそれだ…続き
  • マス広告からPRへシフト、成熟市場でもヒット生むネスレ日本
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2013.07.26
    マス広告からPRへシフト、成熟市場でもヒット生むネスレ日本
    「(ネスレのコーヒーブランドである)『ネスカフェ』の認知度はほぼ100%に近い。チョコレート菓子の『キットカット』も同様だ。では、ここから売り上げを伸ばすにはどうす…続き
  • ソーシャルメディアで消費者を味方につけ、「ふかひれ騒動」を沈静化した良品計画
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2013.07.24
    ソーシャルメディアで消費者を味方につけ、「ふかひれ騒動」を沈静化した良品計画
    日経BP社が主催するマーケティング関連イベント「モバイル&ソーシャル WEEK 2013」が東京・六本木の「六本木アカデミーヒルズ49」で始まった。多数のマーケティ…続き
  • 投票すると「残念でした…」、ハーゲンダッツ人気投票企画に反発の声も
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2013.05.08
    投票すると「残念でした…」、ハーゲンダッツ人気投票企画に反発の声も
    ハーゲンダッツは過去に販売した124種類ものミニカップの中から好きなフレーバーに投票し、人気ランキングを決めるというキャンペーンを実施している。さながら“OG”も参…続き
  • カップヌードルがFacebookで味わった知られざる挫折、運用方針改め成果
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2013.03.06
    カップヌードルがFacebookで味わった知られざる挫折、運用方針改め成果
    エンゲージメント率で1カ月の平均が5%――。日清食品ホールディングスでは、この数値をKPIと設定し、主力商品「カップヌードル」のFacebookページを運用している…続き
  • ポッキーの日制定14年目でギネス記録、はなまるの期限切れクーポンキャンペーン
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2013.01.24
    ポッキーの日制定14年目でギネス記録、はなまるの期限切れクーポンキャンペーン
    昨年11月11日、この日は午前0時の時報とともに終日、「ポッキー」の文字が怒涛の勢いでTwitter上を飛び交った。江崎グリコが「ポッキー&プリッツの日」と定めてい…続き
  • 2013年を読む、「トリプルメディア」その境界に商機あり
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2012.12.20
    2013年を読む、「トリプルメディア」その境界に商機あり
    キリンビールのO2O、KDDIのソーシャルCRM、トヨタのソーシャルテレビ──。実はこれら、トリプルメディアをそれぞれ融合させた中に生まれた施策であることに気づく。…続き
  • 商品ブランドごと点在するファンを新サイトで集約、味の素の新戦略
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2012.07.11
    商品ブランドごと点在するファンを新サイトで集約、味の素の新戦略
    味の素は7月11日、レシピサイト「レシピ大百科」にコミュニティ機能などを新たに加えて「AJINOMOTO PARK」に刷新する。味の素が、商品ブランドごとに持ってい…続き
  • マス広告とソーシャルメディアを結合、共感を呼び売り上げに結びつける「ザ・プレミアム・モルツ」
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2012.05.02
    マス広告とソーシャルメディアを結合、共感を呼び売り上げに結びつける「ザ・プレミアム・モルツ」
    「ソーシャルメディアを売り上げ貢献に結びつける成功の秘訣――ソーシャル活用売上ランキング第1回記念セミナー」のリポート後編をお届けする。ソーシャル活用売上ランキング…続き
  • 閲覧すら会員限定のブログ、敷島製パンが運営に込めた狙い
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2012.01.17
    閲覧すら会員限定のブログ、敷島製パンが運営に込めた狙い
    敷島製パンが運営するブログは会員制で、一般の来訪者は閲覧すらできない。会員登録しようにも、その方法はWebサイトに記載されておらず、あるのは「まずはメールマガジンに…続き
  • ソーシャルメディアのファンの声で流通大手の販路開拓、ある豆乳メーカーの例
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2012.01.05
    ソーシャルメディアのファンの声で流通大手の販路開拓、ある豆乳メーカーの例
    ソーシャルメディアに拠点を築き、ファンを増やして、収益拡大。それを実践した企業が愛知県岡崎市にある。みそ・豆乳メーカーのマルサンアイだ。ソーシャルメディアを通じたフ…続き
  • チロルチョコ“御曹司”率いるSNS、目下mixiページが反応度トップ
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2011.12.15
    チロルチョコ“御曹司”率いるSNS、目下mixiページが反応度トップ
    チロルチョコが最近、ソーシャルネットワーク上においても存在感を高めている。2011年7月にTwitterアカウントを開設、8月にFacebook、9月にmixiペー…続き
  • 西友、Twitterの「サゲリク」で10月は前年比大幅増収
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2011.11.28
    西友、Twitterの「サゲリク」で10月は前年比大幅増収
    今年9月、Twitter上に値下げリクエストと「西友」の文字が数多く飛び交った。その数、1万数千件。「みんなの声で値下げ中!」をキャッチフレーズに西友が実施した、T…続き
  • Facebook連携で誕生日にチーズケーキはいかが? 那須の小さな会社のユニークな取り組み
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2011.11.25
    Facebook連携で誕生日にチーズケーキはいかが? 那須の小さな会社のユニークな取り組み
    ソーシャルコマースに取り組むのは何も大手企業ばかりではない。栃木県那須塩原市に本社を置く「庫や」は、チーズケーキを主力商品とするECサイト「チーズガーデン」とFac…続き
  • 老舗ブランドの共通課題「主要顧客の高齢化」、小岩井乳業はブログに活路
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2011.11.01
    老舗ブランドの共通課題「主要顧客の高齢化」、小岩井乳業はブログに活路
    老舗ブランドの多くが迎える経営課題。それが顧客層の高齢化だ。1891年に開墾された小岩井農場を発祥とする小岩井乳業も、その例外ではなかった。ブランド存亡の危機ともい…続き
  • 「ハム係長」ただいま営業中、伊藤ハムの人気キャラがFacebookで売り上げ貢献
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2011.08.04
    「ハム係長」ただいま営業中、伊藤ハムの人気キャラがFacebookで売り上げ貢献
    「ハム係長のお盆休みはいつですか?」「係長!東京駅近くで働いているのですが、ハムのおいしいお店を教えてください!」――。弁当箱にハムがたたずむイラストの「ハム係長」…続き
  • 投資信託の設定額で今年3位の実績上げた野村、お菓子と気持ち届けた森永、CMで魅了したサントリー
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2011.05.24
    投資信託の設定額で今年3位の実績上げた野村、お菓子と気持ち届けた森永、CMで魅了したサントリー
    野村証券が募集していた「東日本復興支援債券ファンド1105」(設定は野村アセットマネジメント)が約518億円を集め、今年の新規投信の設定額で3位に躍り出た。復興支援…続き
  • クチコミで品切れ、ついに親会社を「その気」にさせたニチレイフーズダイレクトに倣う
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2011.05.20
    クチコミで品切れ、ついに親会社を「その気」にさせたニチレイフーズダイレクトに倣う
    子会社任せだったデジタルマーケティングで、ある出来事から本体でも本腰を入れた結果、看板商品が一部地域で売り切れる事態となった――。絵に描いたような成功物語の舞台とな…続き
  • わずか4日で味の素が「節電レシピ」を提供できたワケ
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2011.04.27
    わずか4日で味の素が「節電レシピ」を提供できたワケ
    味の素は、東日本大震災からわずか4日後に「節電レシピ」のコーナーを自社サイト上に開設して節電を呼びかけた。通常の社内手続きとは異なる手順で企画実施の許可を得たことで…続き