デジタルマーケティングの今を理解するのに欠かせないテクノロジー関連のキーワードを事例と共に解説します。大ヒットムックから改めて紹介します。(※「最新マーケティングの教科書2018」(2017年12月14日発行)の記事を再構成)

インフルエンサ―マーケティングとは、YouTubeやInstagramで注目を集める人気者を活用したマーケティング手法。企業の商品を使ってみた動画などの制作を投稿者に依頼し、多くの視聴者に見てもらう。純広告による訴求に比べ、消費者が投稿者からのメッセージを受け入れる可能性が高い。

 もともとは、企業が商品やブランドを売り出す際、ターゲット層に影響を与える人=「インフルエンサー」を見つけ、そこにアプローチすることで好意的なメッセージを広げる手法を指していた。Twitterなどのソーシャルメディアが普及した最近では、それらをプラットフォームと位置付け、その中で注目を集めるインフルエンサーを起用し、情報を効果的に拡散させていくマーケティングを指すようになっている。

 よく知られているのが、動画投稿サイトのYouTube上で人気の高い投稿者、YouTuber(ユーチューバー)を起用した「YouTuberタイアップ広告」だ。企業が自社商品やブランドの宣伝のためにYouTuberに動画の制作を依頼するもので、2015年から日本でも急速に伸び始めた。

 企業と動画投稿者のマッチングを図るサイト「アイコンキャスト」を運営するTHECOO(ザクー、東京・目黒)が調査したところ、YouTuberタイアップ広告の動画本数は15年に1276本に達した。前年の154本と比べ、1年間で約8倍になった計算になる。

 14年までは、YouTuberタイアップ広告の出稿を検討した企業の依頼は、人気が著しく高い「スターYouTuber」に集中する傾向が強かった。しかし最近では、動画の平均再生回数が14年の26万回から翌年は13万回と半減するなど、スターほどの人気はない中堅どころのYouTuberにも企業からの依頼が増え、YouTuberタイアップ広告市場の拡大を後押ししていることが見て取れる(図1)。

YouTuberタイアップ広告のスポンサード投稿は増加

図1 YouTuberタイアップ広告(動画)の本数と平均再生回数の推移
出所:THECOO 注:YouTube上で登録ファン数が1000人を超えるチャンネルへの投稿を対象に、動画の説明欄に企業のPR用と明記された動画の本数を数えた
[画像のクリックで拡大表示]
第2回
動画マーケティングの新潮流 コンバージョン率急増の新手法も