デジタルマーケティングの今を理解するのに欠かせないテクノロジー関連のキーワードを事例と共に解説します。大ヒットムックから改めて紹介します。(※「最新マーケティングの教科書2018」(2017年12月14日発行)の記事を再構成)

スマートフォンによる視聴が当たり前になり、動画をマーケティングに活用する企業が増えてきた。オウンドメディアへの動画コンテンツ掲示や動画広告の出稿など、手法はさまざま。顧客に合わせて中身を差し替えるパーソナライズド動画など新しいサービスが次々に提供されている。

 スマートフォンによる動画視聴が当たり前になった結果、動画を配信してマーケティングを展開する動きが広がっている。動画コンテンツを作って自社Webサイトに載せ、同じコンテンツをWeb動画広告として出稿したり、YouTubeやFacebookなどのソーシャルメディアに動画広告として出稿したりする。

 企業が動画を使ったマーケティングを重視し始めたのは、テキストや写真などに比べ、見た人に強いインパクトを与えると考えているから。以前は動画のデータ量が通信環境に対して大き過ぎ、簡単に視聴できなかったが、スマホの普及と通信環境の向上で、いつでもどこでも簡単に動画を視聴できるようになったことが、追い風になっている。

 実際、動画広告市場は拡大基調にある。オンラインビデオ総研とデジタルインファクト(東京・文京)の調査では、2016年の動画広告市場は前年対比157%の842億円で、うちスマホ向けが全体の約7割を占める見通しだった。形式別では、動画コンテンツの流れに沿って自然に表示される「インストリーム型」と、ソーシャルメディアのタイムライン上で再生される「インフィード型」が主流になる見込みだ。

動画広告市場は順調に成長

図1 動画広告市場規模推計・予測〈広告商品別〉(2015~2022年)
図1 動画広告市場規模推計・予測〈広告商品別〉(2015~2022年)
出所:オンラインビデオ総研/デジタルインファクト調べ
[画像のクリックで拡大表示]