セミナー動画

【セミナー・プラス会員限定】最先端が学べるセミナーが閲覧できます。
最新
セミナー動画

デジタル時代のマーケティング手法

デジタル時代に効果的なマーケティングを実施するにはどうするべきか?その答えをマクドナルドの足立光氏、カルビーで新しい「場」づくりを仕掛けてきた鎌田由美子氏、クレディセゾンのデジタルマーケティングを改革した磯部泰之氏など新しい手法を創りだしてきた先人達から学びます。

最新セミナー動画

  • 2018.06.01
  • 43分
復活から再成長へ、マクドナルドが取り組んだこと
ダウンロード数が3000万を超える公式アプリに加え、オウンドメディアでも来店や購入意欲を高めている日本マクドナルド。デジタルマーケティングとリアル店舗を効果的に組み合わせるその手法、KPIは何か?復活を遂げた同社のデジタル活用のポイントを、マーケティング本部長の足立光氏が解説します。
日本マクドナルド 上席執行役員 マーケティング本部長
足立 光
  • 2018.06.01
  • 57分
クレディセゾンのデジタルマーケティング改革
2600万人の会員基盤を持つ、クレジットカード企業クレディセゾン。彼らはいかにしてオープンイノベーションを推進し、社内外データを活用する基盤を創り上げたのか?そのデジタルマーケティング改革について、仕掛け人のネット事業部長、磯部泰之氏が解説します。
クレディセゾン ネット事業部長 兼 デジタルマーケティング部長
磯部 泰之

セミナー動画一覧

2018.06.01
43分
デジタル時代のマーケティング手法
復活から再成長へ、マクドナルドが取り組んだこと
ダウンロード数が3000万を超える公式アプリに加え、オウンドメディアでも来店や購入意欲を高めている日本マクドナルド。デジタルマーケティングとリアル店舗を効果的に組み合わせるその手法、KPIは何か?復活を遂げた同社のデジタル活用のポイントを、マーケティング本部長の足立光氏が解説します。

日本マクドナルド 上席執行役員 マーケティング本部長
足立 光
2018.06.01
57分
デジタル時代のマーケティング手法
クレディセゾンのデジタルマーケティング改革
2600万人の会員基盤を持つ、クレジットカード企業クレディセゾン。彼らはいかにしてオープンイノベーションを推進し、社内外データを活用する基盤を創り上げたのか?そのデジタルマーケティング改革について、仕掛け人のネット事業部長、磯部泰之氏が解説します。

クレディセゾン ネット事業部長 兼 デジタルマーケティング部長
磯部 泰之
2018.06.01
7分
デジタル時代のマーケティング手法
カルビー新規事業担当が仕掛ける新しい「場」づくり
JR東日本でエキナカ事業を立上げた後、カルビーの上級執行役員に転身。アンテナショップ「カルビープラス」や日本の流通菓子を集積させた「Yesterday’s tomorrow」など新しいBtoC事業を手掛ける鎌田由美子氏。彼女が仕掛ける新しい店頭体験の「場」づくりについて解説します。

カルビー 上級執行役員 事業開発本部長
鎌田 由美子
2018.05.01
40分
人工知能をビジネスに使う
リクルートの人工知能活用とビジネス貢献への勘所
サービスや社内業務への実装など、人工知能活用で先頭を走るリクルートグループ。R&Dフェーズからはじまり、施策までいかに昇華させていくのか。実例を交えながらその生々しいストーリーをリクルートテクノロジーズの石川信行氏が解説します。

リクルートテクノロジーズ ITソリューション統括部 データテクノロジーラボ部 シニアマネジャー
石川 信行
2018.05.01
42分
人工知能をビジネスに使う
Yahoo! JAPANにおける人工知能の取り組み
日々大量のデータが生み出されるYahoo! JAPAN。同社の開発部門では、どのように人工知能研究に取り組み、それをサービスに活用しているのか。その全貌をYahoo! JAPAN研究所 所長の田島玲氏が、技術解説や事例を交えて紹介します。

ヤフー Yahoo! JAPAN研究所 所長
田島 玲
2018.05.01
42分
人工知能をビジネスに使う
最先端の開発者が語る AI&ロボットがいる未来のカタチ
ソフトバンクのロボット「Pepper」の開発責任者である蓮実一隆氏と、スクウェア・エニックスでゲームキャラクターのAIを開発する三宅陽一郎氏。産業界で、ロボットとAIの研究・開発の最前線を突き進む二人が見据えるAI&ロボットの未来とは?コーディネーターにジャーナリストの津田大介氏を迎えての対談です。

ソフトバンクロボティクス コンテンツマーケティング本部 取締役本部長
蓮見 一隆
2018.04.02
46分
テクノロジーでヒットを創る
人工知能「Clova」でLINEが挑む音声アシスタント市場
人工知能(AI)を基盤とする音声アシスタントは、米国の有力IT企業が激しく覇を争う市場。LINEはこの市場に、クラウドAIプラットフォーム「Clova」搭載のスマートスピーカー「WAVE」を、国内でいち早く投入した。同社が描く今後のビジョンとは何か? LINEでClova事業を統括する舛田敦氏が解説します。

LINE 取締役 CSMO
舛田 淳
2018.04.02
49分
テクノロジーでヒットを創る
30年間のヒット商品から見えた! これからの「ものづくり」のヒント
記念すべき第一回目の「ヒット商品ベスト20」(1987年)の第1位は「自動製パン機」。それから30年、さまざまな商品がヒット商品のランキングを賑わした。未だにビール市場を牽引し続けるアサヒビール「スーパードライ」のブランドマネージャー松葉晴彦氏と、平野敦士カール氏が水道橋博士とともに30年のランキングを振り返り、今後のヒット商品作りに役立つヒントを探ります。

アサヒビール 「スーパードライ」ブランドマネージャー
松葉 晴彦
2018.04.02
36分
テクノロジーでヒットを創る
「人はどう移動するのか」を予測する
人工知能(AI)を活用したリアルタイム移動需要予測技術を開発し、人の移動を予測する取り組みを進めるNTTドコモ。その一つの事例として、東京、名古屋におけるタクシー需要を予測するAIタクシー実証実験を紹介。どのようなデータを使い、どのような仕組みで未来のタクシー乗車台数を予測しているか。移動予測の今後の展開もふくめて解説します。

NTTドコモ 法人ビジネス本部IoTビジネス部 先進ビジネス推進担当部長
那須 和徳
2018.04.02
62分
テクノロジーでヒットを創る
キリンのアクティベーションマーケティング
デジタル技術の進展により、伝えるだけの広告から、店舗・イベントなどのリアルな接点での体験を提供し、人を動かすマーケティング=アクティベーションが顧客のブランドを創る重要な接点になっています。本講演ではキリンのデジタルマーケティング部松岡貴英氏が、同社のブランドコミュニケーション領域における“人を動かす”ための施策について、リアルとデジタルを融合した事例をいくつか解説します。

キリン デジタルマーケティング部 主務
松岡 貴英
2018.04.02
41分
テクノロジーでヒットを創る
成功のケーススタディ(マネーフォワード編)
500万人以上が利用する家計簿サービス「マネーフォワード」。誰でも簡単に続けられる自動の家計簿アプリとして、多くのユーザーに受け入れられた。どうすれば自社のサービスをユーザーの生活の中に取り入れられるのか?同社が実現したイノベーションをマネーフォワード取締役の瀧俊雄氏が解説します。

マネーフォワード 取締役 マネーフォワード Fintech 研究所長
瀧 俊雄
2018.04.02
25分
テクノロジーでヒットを創る
新しい旅のスタイルが生む9000億円の新市場
Airbnbが提供した新しいスタイルの旅による日本での経済効果は、2017年の1年間で9000億円以上と試算され、さまざまなビジネス機会を生み出しています。本講演では、次に「Airbnbが目指す旅」を同社日本法人代表の田邉泰之氏が明かします。

Airbnb Japan代表取締役
田邉 泰之
2018.04.02
45分
テクノロジーでヒットを創る
ロングセラーブランド「キシリトール」 デザイン開発の裏側
ガム市場でナンバーワンシェアを誇る「キシリトール」。ブランドイメージを維持しつつ、時代に合わせて変えるべき点は変える――本講演ではロングセラー商品のリニューアルや新パッケージにフォーカスしてロッテのデザイン企画室の森 信一郎氏がそのポイントを解説。常にブランドのフレッシュさを失わないデザイン開発の“裏側”を紹介します。

ロッテ マーケティング統括部 パッケージ・デザイン企画部 デザイン企画室 室長
森 信一郎
2018.04.02
38分
テクノロジーでヒットを創る
最新事例から知る、モバイルマーケティング新潮流
消費者にブランドや製品・サービスのストーリーを伝えるプラットフォーム「Facebook」「Instagram」が企業のマーケティング活動にどのように使われているのか。そして、これから効果を高め、結果を出せる使い方は何か。フェイスブック日本法人代表取締役の長谷川晋氏が最新事例を交えながら、モバイルマーケティングの新潮流を語ります。

フェイスブック ジャパン 代表取締役
長谷川 晋
2018.04.02
60分
テクノロジーでヒットを創る
人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの
人工知能の最新動向、特にディープラーニングを取り巻く状況について、本分野の第一人者、松尾豊氏が解説。ディープラーニングの仕組みや人工知能の発展が、今後、産業や社会にどのような影響を与えるのか?市場にどんなインパクトがあるのか、先を見通す上で重要なポイントを学びます。

東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授
松尾 豊
2018.04.02
82分
テクノロジーでヒットを創る
カリスマバイヤー座談会 ネット時代の店舗の価値とは
売り場をどう作るのか?消費者をどう惹きつけるのか?その答えを探るカリスマバイヤーによる特別セッション。東急ハンズの新商品開発グループのバイヤー泉徳之氏と藤巻百貨店の代表取締役中村亮氏が、消費者を購入に導く“体験”の本質についてバイヤー目線で徹底議論します。

東急ハンズ 新商品開発グループ バイヤー
泉 徳之
2018.04.02
30分
テクノロジーでヒットを創る
データ利活用によるチケット適正価格自動算出の現在と未来
チケットの販売状況を予測し適正価格を導き出す、プロ野球のチケット販売における「ダイナミックプライシング」。どうデータを解析し、最適な価格を導き出すのか。その手法について"お客様のチケット利用体験の向上"を目指す「Yahoo!チケット」の取り組みを解説します。

ヤフー ヤフオク!カンパニー チケット本部 プロダクト推進部長
稲葉 健二
2018.04.02
94分
テクノロジーでヒットを創る
デジタル時代のヒット商品づくり
このデジタル時代に、複雑化する消費者インサイトをどう読み解き、ヒットにつなげるか。エステーのエグゼクティブ・クリエイティブディレクターである鹿毛康司氏をモデレーターに迎え、アスクル、オイシックス、キリンビールなどで活躍する第一線のマーケターが、ヒット事例を基に語り尽くします。

エステー 執行役エグゼクティブ・クリエイティブディレクター
鹿毛 康司
2018.04.02
37分
テクノロジーでヒットを創る
グローバルビッグデータ解析におけるAI活用
ソフトバンクでは世界中の人の動きをモバイル端末でとらえたデータを蓄積し、独自の「流動人口データ」へと発展させてきた。ディープラーニングの技術を取り入れて、どのように今まで想像し得なかった価値ある情報を生み出したのか?ソフトバンクのビッグデータ戦略本部長、柴山和久氏が解説します。

ソフトバンク ビッグデータ戦略本部 本部長 Agoop 代表取締役社長 兼 CEO
柴山 和久
2018.04.02
47分
テクノロジーでヒットを創る
人とAI クリエーティブの未来
AI(人工知能)が長足の進歩を遂げている今、クリエーティブの分野でどのような貢献ができるのか?AIの専門家である東京大学准教授の山崎俊彦氏と、気鋭のクリエーターである電通の篠原誠氏の二人の意見を基に、人とAIが創り出すクリエーティブの未来を考えます。

電通 エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター
篠原 誠

バックナンバー一覧

2018.06.01
デジタル時代のマーケティング手法
2018.05.01
人工知能をビジネスに使う
2018.04.02
先端テクノロジーでヒットを創る