Hot Topics

消費動向や技術トレンドを読む上で注目の発表会や、業界で話題のトピックをいち早くカバーしていく。

目次

  • 2018.06.22
イノベーションに必要なのは「起承転結」の人材、オムロンの挑戦
日経クロストレンドは創刊記念イベント「日経クロストレンド FORUM 2018」の初日となる2018年6月18日に、オムロン イノベーション推進本部SDTM推進室長の竹林一氏と、AI企業の米パロアルトインサイトCEOである石角友愛氏による対談「AI・IoTを新規事業の創造にどう生かすか」を実施した。竹林氏は、イノベーションの実現には「起承転結」の人材が必要だと説いた。
  • 2018.06.20
アリババグループのビッグデータで切り拓く日本企業の未来
6月18~20日の3日間開催されている「日経クロストレンドFORUM2018」。毎日異なるテーマが設けられており、2日目のテーマは「イノベーション」だった。その基調講演に、中国国内最大手のECサイトやモバイル決済サービスを展開する中国企業アリババグループの日本法人で、代表執行役員副社長を務める田中豊人氏が登壇。アリババグループのビジネスの実情と、日本企業とともにどんなビジネスを目指しているのかを語った。
  • 2018.06.19
ディープラーニングはヒット曲を作れるか――東大・松尾豊氏
「日経クロストレンド」創刊記念イベント「日経クロストレンド FORUM 2018」が2018年6月18日に開幕した。基調講演では「ディープラーニングの先にあるもの――ビジネス課題を解決できるのか、その疑問に答える」と題し、人工知能(AI)研究の第一人者として知られる東京大学大学院工学系研究科特任准教授の松尾豊氏が登壇。ディープラーニングの現状と、ビジネスへの応用や、日本企業の可能性について語った。
  • 2018.06.19
アパレルの勝ち組・パルグループがなぜ和歌山にサバゲー施設?
アパレルの勝ち組企業であるパルグループが和歌山県白浜町にサバゲー施設をオープン。サファリランドや温泉、海水浴場などがそろった、関西の人気行楽地である白浜の新たな観光スポットとして人気となっている。
  • 2018.06.18
ソニーが銀座に“公園”を開園 「未来消費カレンダー」新着情報
日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、新製品、新施設、商戦・イベントなど将来の予定を一覧できるサービスだ。原則、新着情報を毎週金曜日に更新している。2018年6月15日には、8月9日の「Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)開園」など18件の情報を追加した。
  • 2018.06.15
ただの授賞式だと思っていませんか? 全登壇者が講演します!
6月19日(火)の「日経クロストレンド FORUM 2018」で、「『マーケター・オブ・ザ・イヤー2018』授賞式」を開催します。参加者を絶賛募集中ですが、表彰を行うだけの授賞式だと思っていませんか? そうであれば大間違いです。登壇者全員が講演を行い、開発の裏側を直接聞ける絶好の機会になっています。
  • 2018.06.11
レシピ動画サイト「DELISH KITCHEN」のSNS活用戦略
長きにわたり、クックパッドが“巨人”として君臨していたレシピサイトの分野で、1分間のレシピ動画を武器に急速に頭角を現してきたのが「DELISH KITCHEN」を運営するエブリーだ。エブリーの創業者の一人で、DELISH KITCHENの編集長を務める菅原千遥氏に同社の成長の理由を聞いた。
  • 2018.06.11
シャンパン想起させるプール開業「未来消費カレンダー」新着情報
日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、新製品、新施設、商戦・イベントなど将来の予定を一覧できるサービスだ。原則、新着情報を毎週金曜日に更新している。2018年6月8日には、6月23日の「インターコンチ東京、ガーデンプール#MUMMBEACHCLUB開始」など22件の情報を追加した。
  • 2018.06.11
文具の伊東屋がFacebookページ閉鎖 「安全になったら」復活も
銀座の一等地に店を構える老舗文具店・伊東屋が5万人のフォロワーを抱えていた公式Facebookページ「伊東屋 Facebook」を5月16日に閉鎖した。フェイスブックによる個人情報の不正流出問題を受けての措置。その決断に賛成したり激励したりする意見、閉鎖を残念がる声などが多く寄せられたという。
  • 2018.06.08
ココナツオイルの仕掛け人が明かす ブランドづくりに大切なこと
ココナツオイルブームを牽引した食品メーカーのブラウンシュガーファースト。現在は、ココナツオイルに加え、アップルソースやコーヒー、飲料、菓子などさまざまなオーガニック食品の企画、製造、販売を手がける。ココナツオイルなど日本ではなじみの薄かった食品をどのように普及させ、女性を中心に同社の知名度やブランド力を上げてきたのか。荻野みどり社長に聞いた。キーワードはストーリーとデザインだ。

関連特集/連載

訪日中国人のツボを完全理解 インバウンド「爆買い」の真実
電通若者研究部 「若者の“いま”を覗く」
ヒットが生まれる!「コンビニの棚」定店観測
原田曜平の海外ミレニアル世代調査
旬な人