「データマーケター」と呼ぶ人材を地方の専門学校で育成する取り組みが始まった。いわゆるデータサイエンティストほど高度ではないが、実際のビジネスにビッグデータを利用したり事業企画を提案したりできる人材を育成する。この事業を推進しているビッグデータマーケティング教育推進協会(一般社団法人)は2018年5月10日に協会発足の発表会を実施。20年度には参加校を100校に増やし、データマーケター認定者1000人の輩出を目指すことを明らかにした。

 同協会によると、将来的には専門学校生だけでなく、社会人向けの研修プログラムも検討していくという。学ぶ側は教材に使われる実際の購買ビッグデータに触れられるのがメリット。設立時に参加している専門学校は38校で、20年度には100校に増やす計画だ。

ビッグデータマーケティング教育推進協会の会員企業・団体や学校のメンバー。前列の5人は左から理事の伊藤久美氏、専務理事の米倉裕之氏、理事長の山下泉氏、副理事長の浦山哲郎氏、事務局長の米澤豊氏