月に一度、数十人の大学生が集う秘密の会合が、東京・赤坂で開かれている。若者研究の第一人者として知られる博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー、原田曜平氏が主催するプレゼン大会だ。参加する大学生は、各々の身の回りで流行っている、もしくはこれからトレンドになりそうな「モノ」や「コト」を収集。それを発表し、意見交換をする。今回は2月28日のプレゼンをもとに、“坂道系”アイドルなどの芸能人が愛用するローラ メルシエのハンドクリームと、インスタ映えする仕掛け満載の「谷川俊太郎展」という2つの最新若者ヒットを紹介する。

店頭から消えた“人類モテ”のハンドクリーム

“人類モテ”する香りと称されるローラ メルシエの「ハンドクリーム アンバーバニラ」

 乃木坂46の秋元真夏、衛藤美彩、寺田蘭世、欅坂46の菅井友香といったアイドルから、菜々緒、マギーなどのタレント、女優まで、人気の芸能人が愛用していると話題のコスメが、ローラ メルシエの「ハンドクリーム アンバーバニラ」と「ホイップトボディクリーム アンバーバニラ」だ。バニラの甘さにスパイシーさがミックスされた濃厚で強めの大人っぽい香りが特徴的。それらの芸能人に憧れる女性を中心に人気となり、特に女子大生などの若い世代の間では爆発的に支持されている。

 若年層からの人気に火が付いた経路は2つある。1つは「アイドル握手会ルート」だ。乃木坂46や欅坂46はファンとの握手会を頻繁に開いており、最近は男性だけでなく女性ファンも多く参加する。そこで、握手時に漂ってくるのがこのハンドクリームの甘い香り。香りの正体を尋ねた女性ファンに各メンバーが種明かしして、ファンらがその足で百貨店などの売場で購入するパターンだ。