旬店観測

日経トレンディ誌と協働し、旬な店の売れている商品ランキングやトレンド発信店舗が仕掛ける注目の売り場を徹底調査。なぜ今そのテーマなのか、背景にはどんな流れがあるのか。売り場スタッフやバイヤー、仕掛け人の生の声も届ける。

目次

  • 2018.05.21
  • 第4回
代官山 蔦屋書店で98万円のカスタムバイクが売れるワケ
トレンドの発信源となっている店舗を定点観測し、新フェアや期間限定スペースなど注目の売り場をチェック! 今回は「代官山 蔦屋書店」の注目フェアを紹介する。
  • 2018.05.07
  • 第3回
三省堂書店が手掛ける雑貨店 本と同じくストーリーで売る
三省堂書店が手掛ける雑貨店「神保町いちのいち」が三省堂書店神保町本店1階に併設する形でオープン。以降、継続的に出店し、現在12店まで増えている。書店のメインユーザーである、中高年男性でも入りやすい落ち着いた雰囲気の店内には、伝統あるブランドのギフトが並ぶ。
  • 2018.04.16
  • 第2回
「bande」はなぜ売れたのか 進化止まらぬマスキングテープ
マスキングテープの人気が定着するなか、爆発的なヒットとなっているのが「bande(バンデ)」。1枚ずつめくれるマスキングテープだ。なぜこれほどまでに売れているのか。その理由はマスキングテープのトレンドを“いいとこどり”したことにあった。
  • 2018.04.02
  • 第1回
成城石井のスーパー×レストラン “消費の循環”生む舞台装置
高級スーパーの成城石井が米国で人気のある“グローサラント”(スーパーを意味する「グローサリー」と「レストラン」を掛け合わせた新業態)をオープン。黒毛和牛100%の特大ハンバーガーやフォアグラハンバーグといったぜいたくな食材を使った料理が手ごろな価格で食べられると評判で、リピーターが続出しているという。

関連特集/連載

電通若者研究部 「若者の“いま”を覗く」
ヒットが生まれる!「コンビニの棚」定店観測
原田曜平の海外ミレニアル世代調査
旬な人
Hot Topics